〒721-0965 広島県福山市王子町一丁目2番24号 池永会計ビル1F
福山駅から車で5分 ※お車でお越しの方には事務所前に駐車スペースがございます。

営業時間
9:00~18:00
 定休日  
日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

084-944-3100

成年後見制度とは

成年後見制度とは、認知症や病気などにより、意思判断能力が衰えてしまった場合に、法律行為や財産管理を本人の代わりに行うことができる制度です。

後見人は、裁判所が様々な事情に応じて選任します。

本人にとって、本当に意味のある最低限必要な支出しか認められず、生前贈与や財産を整理・処分することは基本的には認められません。

成年後見制度の利点

認知症と診断されると、銀行口座は凍結され、解約もできなくなります。

しかし、成年後見制度を活用すれば、預貯金の管理だけでなく、不動産の売買や賃貸契約、遺産分割協議などの法的な手続きを行うことができます。

そうすることで、財産の使い込みを防ぐこともできます。

成年後見制度の問題点

裁判所へ申立てをする際の費用と、後見人に選任された人へ報酬を年1回払わなくてはなりません。

後見人には、必ずしも家族が選任されるとは限りません。

後見人に選任されると、年1回、裁判所へ財産の状況や1年間の収支、財産目録などを作成し報告する義務があります。

成年後見制度は、本人の財産を減らさないことが目的です。最低限必要な支出しか認められないため、必ずしも家族や本人の希望に応えることができません。

認知症発症後は、生前贈与ができなくなります。つまり、成年後見制度を活用できたとしても、相続税対策はできません。

家族信託と成年後見制度の違い

成年後見制度は、本人にとってメリットのない行為や、財産を減らす可能性のある行為は基本的には認められません。

本人の「相続人や孫の為にできることをしたい」という想いがあったとしても、認められないのです。

認知症発症前に、暦年贈与をする約束をしていたとしても、認知症発症後は暦年贈与をすることはできません。

しかし、家族信託であれば本人の希望を叶えることができます。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

084-944-3100
営業時間
9:00~18:00
定休日
日曜・祝日